デザイナーの転職対策【面接や志望動機について】
2021年4月30日

デザイナー職の転職はどの時期が良い?転職市場の動向や転職活動時のポイントについて解説

デザイナーとして転職を行う際、経験者でも未経験者でも、できるだけ転職成功率を上げたいと考えるはずです。
そういった希望から「いつ頃の時期が1番転職しやすいのかな?」と思う方は多いのではないでしょうか?
デザイナーの転職市場は、1年間の中で大きく変わります。時期による採用倍率や求人数の多さなどを知ってから転職活動を進めたいという方も少なくありません。
この記事ではデザイナーとしての転職を成功させるために、デザイナー職の転職に最適な時期や、転職活動を進める上での重要なポイントなどを解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

デザイナーの転職に一番最適な時期はいつ?

デザイナーの転職に一番最適な時期はいつ?

デザイナーとして転職するのに1番良い時期は、結論からお伝えすると「いつでも最適で、いつでも良い」です。
新卒採用の場合は4月から入社という企業が多いですが、中途採用の場合、特に採用時期を定めているという企業は少ないです。
つまり「内定が取りやすいという時期は特になく、いつでも良い」と言えます。
1年間で内定をもらいやすい時期というのは特にありませんが、転職活動を進めていく上で求人数は非常に重要になります。
しかし、いつでも良いとは言っても求人数の多さや、デザイナーといったクリエイティブ職の転職市場の動向を把握しておく必要があります。

ここからは転職市場の動向や、注意点などを解説します。デザイナーとしての転職活動の参考になるので、ぜひご覧ください。

転職市場の動向を知っておこう

転職市場の動向を知っておこう

転職に最適な時期は明確にはありませんが、少しでもデザイナーとして転職を成功させたいと考えるなら、知っておくべきポイントはあります。「転職市場の動向」です。
クリエイター業界の転職傾向として、1年で1番求人が多くなるのが2月と3月です。基本的に多くの企業は、新年度は4月からのスタートとしています。
また、秋の8月下旬~9月は10月入社に向けて、採用活動を行う企業も増える傾向にあります。
4月・10月は、新卒でも中途採用でも人材を整えてチーム編成を構築するので、その前の時期は求人が多くなるタイミングなので求人数は多くなります。

求人数が少ない時期はいつ?

念のため、デザイナー転職で求人数が少ない時期にも注意しておく必要があります。
上記でもお伝えした通り、デザイナーとしての転職で春と秋は求人数が増えやすい時期で、自身が希望している企業を見つけやすい時期です。
その反対に求人数が減っている傾向にあるのが、GWやお盆・年末年始などの大型連休の前です。
理由としては入社のタイミングが計りづらいと考える企業が多いからです。
大型連休前に採用活動を検討し、決定した企業が、採用活動をスタートさせるため、求人数も増えるという流れになっています。

参照:「産業別新規求人数の推移(一般)(平成29年度~)|東京労働局

企業は常にデザイナーを求めているため採用率は変わらない

企業は常にデザイナーを求めているため採用率は変わらない

あらゆる業種・業態でインターネットを活用し、宣伝や集客を行うことは当たり前になっています。
Webサイトの開設やデザインの変更などで、デザイナーの持つスキルは多くの企業から重宝されてます。そのため、通年デザイナー職の採用枠を設けている企業は珍しくありません。
会社全体が忙しい時期であっても、とにかくデザイナーを採用したい、増やしたいと考えている企業は多いので、デザイナー業界において転職時期をそこまで意識する必要はありません。

未経験からのデザイナー転職は転職時期が大事?

デザイナー職は需要が高く、転職時期をそこまで意識する必要はないとお伝えしました。
その中で、未経験者の方であれば実績や実務経験が無く、即戦力になれるか不安に感じると思います。
しかし、デザイナーとして未経験の場合でも、知識やスキルがあれば即戦力になる可能性があると見込まれて、時期関係なく採用率が高くなります。
知識・経験がないケースでも、デザイナー職に対する意欲・人間性・将来性などが感じられると採用されることも珍しくありません。ただし、デザイナー業界は実力主義という部分が大きいです。
そのため未経験からデザイナー職への転職は、実務経験がなくても転職活動を進めていく中で業務に必要なスキルなどはしっかりと身に付けておくべきです。

未経験からデザイナーへの転職を成功させたいと考えるならこちらの記事を参考にしてみてください。
Webデザイナーになるには?未経験からWebデザイナーを目指す方法

最適な退職時期のタイミングはいつ?

最適な退職時期のタイミングはいつ?

転職活動中に意識しておくと良いのが退職のタイミングを考えることです。
転職をするということは、現在勤めている会社を退職し、別の企業(転職先)に勤めることになります。つまり、現在ある収入はすべてなくなってしまう可能性があることです。
転職活動において、希望する転職先を見つけられたとしても、すぐに転職先となる企業に勤められるかはわかりません。
退職をしてから転職活動を進めることで、履歴書やポートフォリオの作成など、転職活動に必要な準備に割ける時間は増えますが、実質無職になります。
退職してから転職のことを考えるのではなく、働きながら転職活動を進められるように行動することが大事です。
人によって最適な退職のタイミングは異なるので、自分がいつまでに転職したいのか、いつから新天地で働き始めたいのかを逆算し、働き始める時期を明確にしてから転職活動を進めるようにしましょう。
転職時期と退職のタイミングをきちんと見計らって、両者に金銭的なタイムラグが生じないように工夫をする必要があります。

働きながらする転職活動のポイントはこちらの記事を参考にしてみてください。
在職中に転職活動をしたい方必見!転職成功のためのコツを紹介

重要なのは希望条件の合う転職先があるかどうか

重要なのは希望の転職先があるかどうか

ここから注意してほしいのは、「求人数が多くなると、他の転職希望者も増えるため倍率が上がる」という勘違いです。
転職市場の動向を把握するのは、転職活動を進めていく上では非常に大事ですが、あくまで求人数です。
求人数が多い時期でも、求人数が少ない時期と比べても倍率は変わりません。求人数が少ない時期は、比例して転職希望者数も少なくなります。
デザイナーとしての最適な転職時期を意識するのに最も重要なのが、希望に合った転職先があるかどうかです。
デザイナーとして転職活動を進める上で、内定が取りやすい時期はないということを覚えておきましょう。
求人数が少ない時期でも、あなたが希望する転職先があれば、その時が最適な転職のタイミングです。求人数が多いと選択肢も増えますので、もちろん希望の転職先は見つけやすいです。
しかし、求人数が多い時期だけに絞らず、常に自分の働きたい場所が求人を出しているかをチェックしておきましょう。

希望条件がなく、転職時期に悩む場合は?

特に転職先の希望条件がない場合、まずは求人数が増える2~3月や8月末~9月を中心に転職活動を行いましょう。
この記事でもお伝えした通り、求人数が増えるとともに転職希望者も増える傾向になりますが、大きく倍率が上がることもありません。
転職を希望しているけど、現状自分では企業に何を求めているのかわからないという方も、求人数が多い時期に転職活動を始めていけば求人数が増えていることもあり、転職先を探していくうちに希望条件が見当たるかもしれません。

自分に合った求人を探すのに、こちらの記事を参考にしてみてください。
給与・待遇・勤務地…あなたにとって本当に大事な条件は?希望条件を整理して、転職成功率を高める手段

まとめ

この記事では、デザイナーとしての転職に最適な時期や、転職活動時の注意点・ポイントについて解説しました。ここのでのポイントは以下です。

・転職市場の動向を抑えておく
・デザイナー職の求人数は春と秋に増える
・求人数が少なくなるのはGWやお盆、年末年始などの大型連休前
・求人数の多さ・少なさで倍率は大きく変わらない
・デザイナー職の人材は常に多くの企業が求めている
・未経験者でもスキルや知識を付けていれば時期に関係なく採用される
・希望の転職先があればすぐに転職活動を進めていく
・働きながら転職活動を進めることが大事

デザイナーとして転職活動を進めるにあたり、最適な時期はとても気になると思います。
しかし、デザイナー職自体の需要は高く、通年採用活動を行っている企業も多いです。
特別に時期を気にする必要はなく、自分が働きたいと思う希望条件が合った企業を見つけ出すことができれば、そのタイミングが最適な時期です。
転職市場の動向(求人数)に惑わされず、デザイナーとして希望に合った転職を成功させましょう。

デザイナー転職

SEARCH

RECOMMENDED ARTICLE

同じカテゴリーのデザイナー転職記事

2021/05/17

デザイナーの転職で志望動機は大事?例文や知っておくべきポイントを解説

転職するときには、応募企業に対して「志望動機」を伝える必要があります。志望動機では「なぜ、その企業に応募したのか」ということを転職先企業に伝えます。しかし、採用担当者は志望動機を重要視しているのでしょうか? この記事では […]

デザイナーの転職対策【面接や志望動機について】

2021/04/25

デザイナーの転職の面接で聞かれるキャリアプランの考え方と答え方をご紹介

転職活動が進んでいけば、応募した企業の面接を受けます。デザイナーの面接では、採用担当者からデザイナー職に関することや仕事に対する考え方など、さまざまな質問をされますが、高確率でキャリアプランに関する質問をされます。 しか […]

デザイナーの転職対策【面接や志望動機について】

2021/04/25

デザイナーの転職の面接では何が必要?必要な持ち物を詳しくご紹介

転職活動が進んでいけば、応募した企業の面接を受けることになります。面接では応募した企業が指定した持ち物を持って行く必要があるのですが、企業によっては持ち物を指定されないことがあり、「デザイナーの面接で、何が必要なのかわか […]

デザイナーの転職対策【面接や志望動機について】