デザイナー転職のお役立ちサイト
2021年5月14日

デザイナーの転職で必要になるポートフォリオとは?ポートフォリオは紙で作るべき?

転職活動においては、履歴書や職務経歴書など応募した企業から提出を求められる物があります。一般的な職種では履歴書と職務経歴書の提出を求められるのですが、デザイナーの場合は高確率でポートフォリオの提出が必要です。
しかし、「転職時に提出するポートフォリオがわからない」と悩まれている方は多いのではないでしょうか?

この記事ではデザイナーの転職で必要になるポートフォリオについて解説します。ポートフォリオのフォーマットや、作成時の注意点などもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

デザイナーの転職で必要になるポートフォリオとは?

デザイナーの転職で必要になるポートフォリオとは?

デザイナーの転職で必要になるポートフォリオとは、自分が手掛けた作品・実績をまとめて、「私はこのような作品を手掛けていました」「このようなスキルが身に付いています」とアピールするための作品集と言えるものです。
デザイナーの転職では、デザイナーとしてのスキルや実績が重要視されるので、ポートフォリオの提出を求められるケースが多いです。

企業によってはポートフォリオを提出しなくて良い場合がありますが、自分からアピールするためには事前に準備しておくことが大切になります。

転職でポートフォリオは重要視される

デザイナーの転職においてポートフォリオは、転職者のスキルや実績を判断できるものなので、重要視している採用担当者が多いです。ポートフォリオの内容によって採用・不採用を決めている採用担当者は多く、面接の受け答えよりも重要視されるケースもあります。

特に、経験者を募集している企業では、ポートフォリオの内容が肝心です。ポートフォリオの作り方はこちらの記事を参考にしてみてください。
デザイナーの転職でポートフォリオは重要視される?ポートフォリオの作り方と例をご紹介

未経験者でもポートフォリオは必要?

未経験者でもポートフォリオは必要?

デザイナー経験がない方は、「未経験者でもポートフォリオは必要なのかな?」と悩まれると思いますが、経験の有無に関わらず、必要になるケースが多いです。
未経験者とはいえ、採用担当者は少しでも転職者のスキルや実績を把握しておきたいと考えています。未経験者でポートフォリオを作成するときは、まずポートフォリオに載せる作品から作り始めましょう。
未経験でもデザインの依頼をしてくれる方を探し、作品を増やしていくことが大切です。転職で提出するポートフォリオはクライアントから依頼された作品が好まれやすい傾向があります。未経験者でも質の高いポートフォリオを作成できれば、デザイナーとしての転職成功率が高くなります。

デザイナーのポートフォリオは紙で作るべき?

応募した企業からポートフォリオのフォーマットを指定されなかった場合は、紙でもWEBでも良いですが、現代ではインターネットでのやり取りが多いので、WEBでの作成がおすすめです。

WEBのポートフォリオを提出するときはURLを送信するだけなので、持ち運びにも困りません。
ただし、「グラフィックデザイナー」の転職では、WEBよりも紙の方が作品を魅力的に伝えられると思うので、紙のポートフォリオがおすすめです。

ポートフォリオに載せる項目

デザイナーのポートフォリオには、必ず載せるべき項目が2つあります。2つの項目を載せていない場合は、「ポートフォリオの作り方をわかっていない」と判断されて、採用担当者にマイナスな印象を与えてしまう可能性があるため、下記の項目は必ず載せるようにしてください。

プロフィール

デザイナーのポートフォリオの冒頭には、プロフィールを載せてください。載せるべきプロフィールは下記の通りです。

・名前
・生年月日
・顔写真
・今までの職歴
・身に付けているスキル
・資格や使用可能なツール

転職では履歴書や職務経歴書を提出しますが、ポートフォリオにもプロフィールを載せることは大事です。内容が重複しても問題ないため、プロフィールは必ず載せるようにしてください。

作品の紹介

上記でお伝えした通り、ポートフォリオは自分の作品を採用担当者に伝えるものなので、作品の紹介を載せるようにしてください。
ただし、作品を紹介するだけでは、ポートフォリオの内容としては不十分なので、下記の内容を意識することが大切です。

・作品の画像
・タイトル
・作品の概要説明(自身の役割やプロジェクト名)
・見どころ
・クライアントからの評価
・作品の成果 など

各作品ごとに履歴書を書くようなイメージをすると、わかりやすいと思います。
転職では作品に対する思いなども確認されているため、力を入れたポイントやクライアントからの評価などを伝えると、質の高いポートフォリオと判断されやすいです。

数多くの作品を紹介したい気持ちはあると思いますが、全体のボリュームが20ページ以内に抑えられるようにして、簡潔な内容で伝えることを意識してみてください。

デザイナーのポートフォリオを作るときの注意点

デザイナーのポートフォリオを作るときの注意点

デザイナーのポートフォリオを作るときには、いくつか注意すべき点があります。

採用担当者にマイナスの印象を与えたり、前職の企業とトラブルに発展しないために、下記の注意点を抑えて、ポートフォリオを作成してみてください。

応募した企業に指定されているフォーマットを確認する

応募した企業によって、ポートフォリオのフォーマットが指定されることもあるので、作成する前は事前に確認するように注意してください。企業によっては「書類選考:WEB」、「面接:紙」と分けられていることもあるので、間違わないようにしましょう。

もし、指定されたフォーマットと異なるポートフォリオを提出してしまうと、採用担当者に与える印象は悪く、採用率が低くなります。

守秘義務や著作権に気を付ける

ポートフォリオは自分が手掛けた作品を載せるのですが、守秘義務や著作権に気を付ける必要があります。企業に勤めていたデザイナーの方は、守秘義務契約を結んでいるため、機密情報の漏洩に該当することがないようにポートフォリオを作成してください。
また、前職で作った作品の著作権は、前職の企業に帰属しているので、「作品の著作権は作った当時に勤めていた企業にある」ということを忘れないことが大切です。ポートフォリオに作品を載せるときは明確な出典元を記載して、著作権の侵害にならないように注意してください。

ポートフォリオの守秘義務に関してはこちらの記事を参考にしてみてください。

デザイナーのポートフォリオは守秘義務を遵守しなくてはいけない?転職時の注意点をご紹介

ポートフォリオ以外に抑えておきたいポイント

ポートフォリオ以外に抑えておきたいポイント

デザイナーの転職では、ポートフォリオ以外にも抑えておきたいポイントがあります。自分の希望通りに転職を成功させることは簡単ではないので、下記のポイントを参考にしてみてください。

デザイナーとして転職する時期を考える

デザイナーの求人数が多くなる時期に転職した方が、自分の条件に合っている求人を見つけやすくなるため、転職する時期を考えることが大切です。基本的に多くの企業は、新年度は4月からのスタートとしているので、求人数は2月と3月が多くなります。また、秋の8月下旬~9月は10月入社に向けて、採用活動を行う企業が増える傾向にあります。
自分の条件に合っている求人を見つけるには、デザイナーとして転職する時期を考えることが大切です。

デザイナーの転職する時期に関することはこちらの記事を参考にしてみてください。
デザイナー職の転職はどの時期が良い?転職市場の動向や転職活動時のポイントについて解説

キャリアプランを明確にしておく

デザイナーの転職では、高確率でキャリアプランに関する質問をされるため、自身のキャリアプランを明確にしておくことが大切です。キャリアプランは働き方に大きく関わるため、面接で聞かれることが多く、内容によって採用・不採用が決まるケースもあります。

また、キャリアプランを考えずに転職してしまうと、後悔する可能性が高くなります。「デザイナーとして転職して良かった」と思えるように、キャリアプランは明確にしておきましょう。

デザイナーのキャリアプランに関する内容はこちらの記事を参考にしてみてください。
デザイナーの転職の面接で聞かれるキャリアプランの考え方と答え方をご紹介

まとめ

この記事ではデザイナーの転職で必要になるポートフォリオについてお伝えしました。この記事でのポイントは以下です。

・ポートフォリオは自分の作品や実績をアピールするもの
・デザイナーの転職でポートフォリオは重要視される
・未経験者でもポートフォリオは必要
・企業から指定されない場合はWEBでの作成がおすすめ
・プロフィールと作品紹介はポートフォリオに載せるべき
・ポートフォリオの作成時には守秘義務と著作権に気を付ける
・デザイナーの求人数が多いのは2月~3月

ポートフォリオはデザイナーの転職結果を左右する大事なものです。採用担当者も重要視していることが多いため、しっかりと思いを込めることが大切になります。
この記事でお伝えした内容を参考にして、質の高いポートフォリオを作成しましょう。

デザイナー転職

SEARCH

RECOMMENDED ARTICLE

同じカテゴリーのデザイナー転職記事

2021/05/15

デザイナーのポートフォリオは守秘義務を遵守しなくてはいけない?転職時の注意点をご紹介

デザイナーの転職では、応募した企業へポートフォリオを提出する必要があります。 ポートフォリオでは自分が手掛けた作品を載せるのですが、企業に勤めていたデザイナーの場合は守秘義務契約をしているため、「自分の作品を載せることは […]

デザイナー転職のお役立ちサイト

2021/05/14

デザイナーの転職でポートフォリオは重要視される?ポートフォリオの作り方と例をご紹介

デザイナーの転職では、高確率でポートフォリオの提出を求められます。 ポートフォリオとは、自分が手掛けた作品・実績をまとめた作品集のようなもので、採用担当者に向けて作成する必要があります。 しかし、「ポートフォリオの作り方 […]

デザイナー転職のお役立ちサイト

デザイナー,転職,失敗
2021/04/07

デザイナーの転職を失敗しないためには?失敗例と抑えておきたいポイントを解説

多くのデザイナーの方は自分が希望している企業に、転職したいと考えます。しかし、自分が希望している企業へ転職することは難しく「転職で失敗した」と後悔する方も多いです。 では、「失敗せずに転職を成功させるにはどうすれば良いの […]

デザイナー転職のお役立ちサイト