デザイナーの転職対策【面接や志望動機について】
2021年4月25日

デザイナーの転職の面接では何が必要?必要な持ち物を詳しくご紹介

転職活動が進んでいけば、応募した企業の面接を受けることになります。面接では応募した企業が指定した持ち物を持って行く必要があるのですが、企業によっては持ち物を指定されないことがあり、「デザイナーの面接で、何が必要なのかわからない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?
この記事ではデザイナーの面接で必要になる持ち物について解説します。面接時の服装や、転職を成功させるポイントなどもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

デザイナーの面接で必要な持ち物

デザイナーの面接で必要な持ち物

デザイナー職への転職を成功させるには、面接で必要になる持ち物を全て忘れずに持っていく必要があります。
1つでも忘れてしまうと、採用担当者にマイナスなイメージを与えてしまう可能性があるので、下記でご紹介する持ち物を参考にしてみてください。

履歴書・職務経歴書

デザイナーの面接で必要な持ち物は、履歴書・職務経歴書です。デザイナーの面接において、履歴書・職務経歴書は必ず提出が求められます。
履歴書・職務経歴書は転職希望者の今までの経歴を記載するもので、採用担当者にとっては採用・不採用を決める重要な判断材料として考えているケースが多いです。
履歴書・職務経歴書は応募した企業によって、書き方やフォーマットが変わるので、指定されているものを最初に確認するようにしてください。
指定されたものと異なる書き方やフォーマットで提出した場合、採用担当者にマイナスなイメージを与えてしまいます。

履歴書・職務経歴書に関することはこちらの記事を参考にしてみてください。
デザイナーの転職では履歴書も大事!書き方や注意点をわかりやすく解説

ポートフォリオ

デザイナーの面接で必要な持ち物は、ポートフォリオです。
ポートフォリオとは、自分が手掛けた作品・実績をまとめて、「私はこのような作品を手掛けていました」「このようなスキルが身に付いています」とアピールするための作品集と言えるものです。
デザイナーの面接では高確率でポートフォリオの提出が求められて、ポートフォリオの内容によって採用結果を決めている企業もあります。そのため質の高いポートフォリオを作成することが大切で、必ず忘れないようにしてください。

ポートフォリオの作り方はこちらの記事を参考にしてみてください。
【未経験者向け】ポートフォリオの作り方を解説。職種ごとのポートフォリオやWebと紙の違いも

ノートパソコン

デザイナーの面接で必要な持ち物は、ノートパソコンです。
上記でお伝えしたポートフォリオはWEBでの作成が基本とされていて、自身のノートパソコンで採用担当者に見せる必要があります。
また、ポートフォリオ以外のWEBサイトや映像などをアピールしたいときにも、ノートパソコンが必要です。
デザイナーの方であれば、ノートパソコンを持っていると思いますが、面接当日は充電を満タンにするようにしてください。

筆記用具・スケジュール帳

デザイナーの面接で必要な持ち物は、筆記用具・スケジュール帳です。
デザイナーの面接に関わらず、社会人として筆記用具とスケジュール帳は持っていく必要があります。応募した企業によって異なりますが、アンケートや書類への記入を求められるケースが多く、面接当日に次なる日程を伝えられることも考えられます。
そのときに筆記用具・スケジュール帳がないと、採用担当者に「社会人としてのマナーが欠けている」と思われる可能性があります。
マイナスのイメージを与えないためにも、筆記用具とスケジュール帳は持って行きましょう。

身分証明書・印鑑

デザイナーの面接で必要な持ち物は、身分証明書・印鑑です。
応募した企業によってはセキュリティ上の理由で、オフィスに入るときに身分証明書の提示を求められることがあります。また、交通費精算や面接後に採用が決まり捺印が必要になるケースもあるため、デザイナーの面接には持って行くことが大切です。事前に持ち物として指定されていなくても、持って行くことで採用担当者に好印象を与えられるかもしれません。

腕時計

デザイナーの面接で必要な持ち物は、腕時計です。
デザイナーは外で仕事をすることが少なく、腕時計を付けていない方が多いかもしれませんが、面接という公式な場でスマートフォンを出して時間を確認することは、マナー違反になります。
また、ファッション性の高いものは採用担当者に良い印象を与えない可能性があるため、ビシネスマナーに沿った一般的な腕時計を付けるようにしてください。

面接会場までの地図

デザイナーの面接であると良い持ち物は、面接会場までの地図です。近年はスマートフォンの地図を活用される方が多いですが、面接当日に充電が切れたり、紛失する可能性があることを考えると、紙の地図を持っておく必要があります。
紙の地図を持っておくことで、万が一なことがあっても混乱することなく、スムーズに対応できます。
※地図上に応募した企業の電話番号も記載しておくと、スマートフォンに万が一のことがあっても安心です。

デザイナーの面接時の服装は?

デザイナーの面接時の服装は?

デザイナーの面接では持ち物だけではなく、「服装はどうしよう」と悩むことがあると思います。基本的にデザイナーの面接では、「スーツ」を着用することをおすすめします。
応募した企業から服装に関する指定があった場合は指示に従うことが大切ですが、指定されなかった場合や「服装自由」と言われた場合には、シンプルなスーツを着用するようにしてください。
服装自由と言われても、「面接=スーツ」を認識している採用担当者が多いので、面接にはスーツを着用して行くことが無難です。

「私服でお越しください」と言われた場合

デザイナーの面接で「私服でお越しください」と言われた場合は、私服で行くことが大切です。
このように私服を指定された意図としては、「普段の転職希望者を見たい」「服装から人柄を探りたい」ということが考えられるため、「面接にふさわしい格好」ということを忘れずに、私服を着用するようにしてください。
私服指定された場合にスーツを着用することは、マイナスなイメージを与えるため、オフィスカジュアルを意識した服装をすることが大切です。

デザイナーの面接時の服装に関することはこちらの記事を参考にしてみてください。
デザイナーの転職を成功させる面接時の服装は?注意点と抑えておきたいポイントを解説

デザイナーの転職を成功させるポイント

デザイナーの転職を成功させるポイント

デザイナー職への転職を希望通りに成功させることは、簡単なことではありません。希望通りに転職を成功させる可能性を高めるには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。
デザイナーの転職を成功させるポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

面接対策を行う

デザイナーの転職を成功させるには、しっかりと面接対策を行うことが大切です。
デザイナーの転職では面接が重要視されることが多く、「面接内容によって採用・不採用を決める」と考えている採用担当者は多いです。
また、社会人になってから面接を受ける機会はなかったと思うので、採用担当者に好印象を与えるには、しっかりと対策をする必要があります。

デザイナーの面接に関することはこちらの記事を参考にしてみてください。
デザイナーへの転職を成功させるのに面接は大事?よくある質問とポイントを解説

資格を取得する

デザイナーの転職を成功させるには、デザイナー職に関する資格を取得することが大切です。
資格は自分が身に付けているスキル・知識を明確に証明できるもので、採用担当者からの信頼を得やすいです。
また、資格を取得することで、デザイナーとしてのスキルアップも図れます。
中途採用を行っている企業では、即戦力で活躍できるデザイナーが求められるため、資格を取得してスキルアップすることは、採用率を高めることにもつながります。
デザイナーで役立つ資格は下記の通りです。

・色彩検定
・Illustratorクリエイター能力検定試験
・ウェブデザイン技能検定
・WEBクリエイター能力認定試験 など

仕事内容や使用するソフトによって最適な資格は異なるため、注意してください。

デザイナーで役立つ資格に関することはこちらの記事を参考にしてみてください。
デザイナーにとって必要??勉強に役立つ資格と検定10選

まとめ

この記事ではデザイナーの面接で必要な持ち物についてお伝えしました。この記事でのポイントは以下です。

・デザイナーの面接で「履歴書・職務経歴書」は必要になる
・質の高いポートフォリオを提出することが大切
・社会人マナーとして「筆記用具・スケジュール帳・腕時計」は必要
・面接会場までの地図があると万が一のことがあっても対応できる
・デザイナーの面接では「スーツ」が無難
・面接対策を怠ると採用率は低くなる

デザイナーの面接で必要になる持ち物を1つでも忘れると、採用率は低くなります。自分の希望通りに転職を成功させるためにも、忘れ物はしないことが大切です。この記事でお伝えした内容を参考にして、デザイナー職への転職を成功させましょう。

デザイナー転職

SEARCH

RECOMMENDED ARTICLE

同じカテゴリーのデザイナー転職記事

2021/05/17

デザイナーの転職で志望動機は大事?例文や知っておくべきポイントを解説

転職するときには、応募企業に対して「志望動機」を伝える必要があります。志望動機では「なぜ、その企業に応募したのか」ということを転職先企業に伝えます。しかし、採用担当者は志望動機を重要視しているのでしょうか? この記事では […]

デザイナーの転職対策【面接や志望動機について】

2021/04/30

デザイナー職の転職はどの時期が良い?転職市場の動向や転職活動時のポイントについて解説

デザイナーとして転職を行う際、経験者でも未経験者でも、できるだけ転職成功率を上げたいと考えるはずです。 そういった希望から「いつ頃の時期が1番転職しやすいのかな?」と思う方は多いのではないでしょうか? デザイナーの転職市 […]

デザイナーの転職対策【面接や志望動機について】

2021/04/25

デザイナーの転職の面接で聞かれるキャリアプランの考え方と答え方をご紹介

転職活動が進んでいけば、応募した企業の面接を受けます。デザイナーの面接では、採用担当者からデザイナー職に関することや仕事に対する考え方など、さまざまな質問をされますが、高確率でキャリアプランに関する質問をされます。 しか […]

デザイナーの転職対策【面接や志望動機について】